2009年08月02日

太陽光パネル普及啓発イベント参加

TKU住まいランドでのエコイベントに参加してきました!

NPO熊本温暖化対策センターの太陽光パネル普及のための啓発ブースで面白い装置を見つけました!!

自転車をこいで発電し、電灯やスピーカー、扇風機、バッテリー等に電気を送るのです。

電灯もLED・蛍光灯・白熱電球と電力量がいるものほどペダルが重くなり、その違いを身をもって体験できるのです。

屋外のテントでの自転車こぎでしたので暑いアツイ・・・あせあせ(飛び散る汗)
自家発電した力で自分へ向いた扇風機が涼ませてくれる。
暑いのやら涼しいのやら。
F1000002.JPG

自転車は大人サイズでしたので子供たちは足が届かず、
兄弟で必死に手漕ぎでした。
F1000001.JPG
(現在子供用も開発中とのこと)

意外だったのは、バッテリー充電。
これってかなり負荷がかかるんですよ。
バッテリーに電気をためるということは、圧をかけて無理に押し込んで充電していくのです。
たとえて言うなら、自転車のタイヤに空気入れで空気を入れているようなもの。
だから、充電には時間がかかるのです。
電気のすごさを運動という形で体験でき、とっても分かりやすかったですね。

そして、省エネは大事だと改めて思ったのでした。
みなさん、機会があれば是非体験してみてくださいね〜
自家発電した電気で動かすわたあめ製造機、飴から作るわたあめ作りも大人気でしたよ。




posted by エコラボ at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。