2009年10月07日

食育〜食と農の体験塾

初秋のころの話になりますが、
友人家族と三角町の「食と農の体験塾」に行ってきました。

ここでは自家製のお野菜や果物、また熊本県産のお米や小麦を使っての調理体験、そして試食。
これらを通して「食育」をするという施設です。

塾長の宮田さんに子供たちはすぐになついて真剣に
お話に聞き入っていました。
国産の小麦がなぜ今必要なのか、無農薬の野菜のよさ・・・等々
私たちにとっても心に重くのしかかる問題でした。

さて、パンつくり。
熊本県城南産の小麦を使って
仲良くみんなでこねて・・・
食と農1.jpg  食と農2.jpg 食と農5.jpg
石釜で焼きあがったパンはもちもちして美味しかった〜わーい(嬉しい顔) 

次はピザつくり。
生地から作って手で伸ばしトッピング。
トマトソースもベーコンもお野菜もここでのお手製なんですって!
食と農3.jpg 食と農4.jpg 食と農6.jpg

出来上がったパンやピザ、おにぎり、団子汁。
美味しいにおいと最高の景色・そして澄んだ空気で子供たちもいつもよりも沢山食べてました。
食と農8.jpg
眼下に広がる八代海の景色。
自然の素晴らしさって、無限大ですよね。

最後に塾長はおっしゃってました。
私たちに出来ることはなにか?それは子供たちの健康な未来を作ってあげること。その為に何が大事なのか、よく考えてください、と。
農薬や添加物まみれの食物。目には見えてませんがなにか恐ろしいものに思えてきました。

食料自給率、農業に対する見直し、食の安全。これらの問題は今の日本にとって環境問題とともに本気で取り組むべきことの一つなのです。



posted by エコラボ at 09:24| Comment(0) | ロハス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。